e特急券とは?エクスプレス予約との違いやメリット・デメリットについても紹介

e特急券は、エクスプレス予約(EX予約)会員が購入できる特急券です。

特急券だけ安く買いたいときにおすすめですよ。

このページでは、e特急券の特徴やメリット・デメリットについてまとめてみました。

目次

e特急券とは?

e特急券は、エクスプレス予約会員になっていると購入できる特急券です。

東海道・山陽・九州新幹線(東京~鹿児島中央)の全区間で使えますよ。

のぞみ・みずほ・ひかり・さくら・こだま・つばめは終日利用できます。

自由席・指定席・グリーン車のe特急券があるので、用途に合わせて選べますよ。

通年販売していて、乗車日当日に購入することもできます。

ただし、特急券のみの割引商品なので乗車券が別途必要です。

e特急券とEX予約の違い

e特急券とEX予約の違いを簡単にまとめてみました。

e特急券EX予約
乗車券×
特急券
e特急券とEX予約の違い

e特急券は特急券のみですが、EX予約は特急券と乗車券がセットになった商品です。

特急券と乗車券を別々に購入せず、まとめて買いたい場合は、EX予約のほうが向いています。

e特急券のメリット

乗車日当日に購入できる

e特急券は、乗車日1年前の5:30から乗車日当日の列車発車時刻4分前まで購入することができます。

システムメンテナンス時を除き、24時間いつでも購入できるので利用しやすいですよ。

乗車日当日に購入することができるので、急な出張にも対応しやすいですね。

列車発車前なら何度でも予約変更できる

e特急券は、列車発車前であればネットで何度でも座席や時間を変更することができます。

きっぷ受け取り前であれば、変更時に手数料もかかりません。

ただし、きっぷ受け取り後はネットで予約変更できなくなるので注意しましょう。

自由席の場合は、乗車日当日の23:30まで変更可能です。

割引乗車券と併用可能

e特急券は、割引乗車券と併用できます。

往復割引乗車券学生割引乗車券・身体障害者割引乗車券などと併用できるのでお得ですよ。

割引乗車券とe特急券をあわせることで、新幹線の料金をより節約することができますね。

乗車券を別途購入することで自由度が上がる

e特急券は乗車券と別になる特性を生かして、途中下車しながら自由に旅程を組むこともできます。

例えば新大阪から出発して、最終的には東京まで行きたい場合には乗車券は新大阪から東京までになります。

仮に途中で名古屋や静岡で降りて寄り道していきたいときは、e特急券を以下のように買うことで乗車券を別途買う必要はなくなりますよ。

  • 新大阪 – 名古屋
  • 名古屋 – 静岡
  • 静岡 – 東京

もちろん、複数のe特急券を買う分だけ割高にはなりますが、エクスプレス予約で乗車券と特急券をセットで買って同じルートを辿るよりは乗車券の料金が増えない分だけ安くなります。

e特急券のデメリット

乗車券を別途購入する必要がある

e特急券を利用するときは、別途乗車券を買う必要があります。

特急券のみでは利用できないので注意しましょう。

チケットレス乗車はできない

e特急券は、乗車前にきっぷを発券する必要があります。

東海道・山陽・九州新幹線の指定席券売機や受取専用機などできっぷを受け取れますよ。

SuicaなどのICカードを使ってチケットレス乗車することはできません。

途中下車はできない

e特急券を使って乗車するときは、途中下車できません。

また、途中駅で下車した場合、乗車しなかった区間は無効となります。

再度乗車することはできないので注意しましょう。

乗継割引は適用されない

e特急券を利用する場合、乗継割引は適用されません

新幹線と在来線特急を乗り継ぐ際、通常だと乗継割引で特急料金が半額になりますがe特急券は対象外です。

乗継割引が適用されない分、新幹線と在来線特急の合計金額が高くなってしまうこともあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次