サンダーバードのグリーン車料金・おすすめの座席・指定席との違いを解説

特急サンダーバードには指定席だけでなくグリーン車も設定されています。

指定席よりもグレードアップしている車両のことで、より快適に過ごせますよ。

実際にサンダーバードのグリーン車に乗ってみましたので、このページではサンダーバードのグリーン車料金や座席がどんな感じなのかを紹介します。

目次

サンダーバードのグリーン車料金

サンダーバードのグリーン車

サンダーバードのグリーン車は、乗車券とは別にグリーン車用の特急券が必要です。

主な区間のグリーン車料金を以下でまとめました。

区間運賃グリーン席料金
大阪〜敦賀2,310円4,660円
新大阪〜敦賀2,310円4,660円
京都〜敦賀1,690円2,500円
サンダーバードの料金(大人1人あたり)

以前は金沢駅までサンダーバードが走っていましたが、北陸新幹線の延伸によって敦賀駅までとなりました。

こうやって料金をみると、京都駅までは在来線で移動したあとにサンダーバードに乗るほうがだいぶお得に見えますね。乗車券もグリーン車料金も大きく変わります。

また、グリーン車は時期によって料金の上下があります。

  • 繁忙期:200円プラス
  • 最繁忙期:400円プラス
  • 閑散期:200円マイナス

グリーン車料金を割引する方法

サンダーバードのグリーン車料金を安くしたいのであれば、以下の方法を使うのがおすすめです。

J-WESTカードを持っている状態でインターネット予約サイトのe5489を使うと、サンダーバードのグリーン車料金を安くしやすいですよ。

eチケットレス特急券eきっぷは、J-WESTカードがあると使える割引です。

指定席との違い

サンダーバードにはグリーン車だけでなく普通車指定席もあります。

指定席との主な違いは以下の通り。

  • 座席の広さが違う
  • グリーン車にはコンセントが全席に設置されている

グリーン車は座席が2列と1列で横に3つだけなのに対して、指定席だと2列と2列で合計4列あります。

これだけでもグリーン車がゆったりとした空間であることがわかりますね。

あとでも紹介していますが、コンセントの有無も大きな違いです。

サンダーバードのグリーン車の座席

ここからは、特急サンダーバードのグリーン車の座席がどうなっているのかを紹介しますね。

ちなみにサンダーバードのグリーン車は1号車にあります。

▼サンダーバードのグリーン車の様子はこんな感じです。

サンダーバードのグリーン車

座席はどこがおすすめ?

▼座席を拡大してみるとこんな感じ。窓はかなりワイドになっているのでおすすめです。

景色を楽しむことも考えたら、グリーン車の座席番号は偶数のほうがおすすめだと思います。

サンダーバードのグリーン車の座席

琵琶湖の景色を見たいのであれば、敦賀駅方面に向かっているサンダーバードなら1人席、大阪駅方面に向かっているサンダーバードなら2人席がおすすめです。

全席コンセントがついている

サンダーバードのグリーン車には全席コンセントがついています。これは普通車指定席との大きな違いですね。

グリーン車であれば、どの座席に予約してもコンセントがあるので、スマホやパソコンの電池を心配する必要がなくなります。

私もサンダーバードのグリーン車で仕事がはかどりました。

トイレに行きたい場合は?

サンダーバードのグリーン車に乗車中、トイレに行きたくなることもあると思います。

1号車と2号車の間にトイレがありますので、長距離を歩く必要なくトイレまで行けますよ。

サンダーバードのグリーン車

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車を使って出かけるのが好きです。飛行機も使うようになりましたが、電車や新幹線に乗って景色を見ながら移動する旅行が楽しいですね!
日本各地の電車に乗った経験を記事にしていきます。

目次