eきっぷとは?通常のきっぷやeチケットレス特急券との違いも紹介

eきっぷは、J-WESTカード会員またはJQ CARD会員になっていると購入できるインターネット限定の割引特急券です。

乗車当日に予約できるので使いやすいですよ。

このページでは、eきっぷの特徴やほかのきっぷとの違いについてまとめてみました。

目次

eきっぷとは?

eきっぷ

eきっぷは、JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」とJR九州の「JR九州インターネット列車予約」で販売されている割引特急券です。

J-WESTカード会員やJQ CARD会員になっていると購入することができます。

自由席・指定席・グリーン車のeきっぷが用意されていて、用途に合わせて選べますよ。

通年販売していて、当日購入もできるので利用しやすいです。

特急券のみの販売なので、別途乗車券が必要になります。

通常のきっぷとeきっぷの違いは?

通常のきっぷは駅の窓口でも購入できますが、eきっぷはインターネット限定で販売されているきっぷです。

eきっぷは駅の窓口では購入できないので注意しましょう。

また、通常のきっぷは現金やクレジットカードなどで買えますが、eきっぷの支払い方法はJ-WESTカードまたはJQ CARDのみとなっています。

ほかのクレジットカードでは購入できません。

eチケットレス特急券とeきっぷの違いは?

eチケットレス特急券は、きっぷを受け取ることなくチケットレスで乗車することができます。

eきっぷは駅の窓口や券売機できっぷを受け取る必要があるので、発券する手間を省きたいときはeチケットレス特急券を利用するのもいいですね。

eチケットレス特急券とeきっぷ(特急券のみ)の値段は同額です。

eチケットレス特急券はこどものみの利用はできません。

eきっぷと九州ネットきっぷの違いは?

九州ネットきっぷは、JR九州インターネット列車予約で販売されているインターネット限定の片道きっぷです。

九州新幹線や九州の特急列車を利用するときに使えますよ。

eきっぷと同じく、きっぷ受け取り前で列車の出発前なら何度でも変更できるのが特徴です。

支払い方法も、クレジットカード・コンビニエンスストア・銀行ATM・駅での支払いに対応しています。

九州ネットきっぷの受け取りはJR九州の主要駅のみで、JR西日本の駅などでは受け取れません。

eきっぷはきっぷ受け取り前なら何度でも変更できる

eきっぷは、きっぷ受け取り前・列車の出発前なら回数に制限なく変更できます。

e5489またはJR九州インターネット予約で変更できるので便利です。

座席の指定や、同一列車への変更もできますよ。

きっぷ受け取り後は、駅の窓口で変更が可能です。

同一日・同一区間・同一設備・同一経路・同一金額へ変更する場合のみ、1回だけ手数料なしで変更できます。

きっぷ受け取り後は、インターネット上では変更できません。

払い戻しは手数料がかかる

eきっぷは、有効期間内で使用開始前に限って払い戻しができます。

払い戻す場合、きっぷの受け取り前と受け取り後で手数料が異なりますよ。

きっぷの受け取り前は、340円の手数料がかかります。自由席は220円です。

きっぷ受け取り後の手数料は以下の通り。

期間指定車・グリーン車自由席
出発2日前まで340円220円
出発前日から列車出発前発売額の30%(最低340円)
きっぷ受け取り後の払い戻し手数料

自由席は有効期間内であれば一律220円です。

列車出発後は、払い戻しできません。

eきっぷ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次