大阪から城崎温泉までの安い行き方は?特急電車こうのとり・はまかぜの料金や所要時間を比較

大阪から城崎温泉まで電車で行く場合、交通費をできるだけ安くしたいと思うこともあるのではないでしょうか。

料金だけでなく、移動手段ごとの所要時間も気になるところです。

このページでは、大阪から城崎温泉までの安い行き方についてまとめてみました。

目次

大阪から城崎温泉までの所要時間や料金の一覧

大阪から城崎温泉まで行く場合、特急こうのとりや特急はまかぜなどを使う方法があります。

移動手段ごとの所要時間や料金は以下の通り。

移動手段所要時間料金
特急こうのとり約2時間40分6,140円
特急はまかぜ約2時間45分6,140円
JR在来線+特急きのさき約3時間5分6,140円
JR在来線4時間5分3,410円
大阪から城崎温泉までの所要時間や料金の一覧表

特急こうのとり・はまかぜ・きのさきは全車指定席です。

指定席料金は閑散期-200円、繁忙期+200円、最繁忙期+400円になります。

ここからは、それぞれの移動手段について詳しく紹介していきますね。

最速で行くなら特急こうのとりがおすすめ

最速で目的地に向かいたい場合は、特急こうのとりを利用しましょう。

大阪から城崎温泉まで約2時間40分で着きますよ。
出来るだけ移動時間を短くしたいときにおすすめの方法です。

大阪駅から城崎温泉駅までの料金は以下の通り。

  • 指定席:6,140円
  • グリーン車:8,410円

指定席は片道6,140円、往復だと12,280円かかります。

WEB早特7やWEB早特14などを利用すると、通常よりも安く乗車できるのでチェックしてみてくださいね。

特急はまかぜでも城崎温泉に行ける

大阪から城崎温泉までは、特急はまかぜでも行けます。

所要時間は約2時間45分なので、特急こうのとりよりもやや遅いぐらいですね。

大阪駅から城崎温泉駅までの料金も特急こうのとりと同じですよ。

ただし、特急はまかぜは本数が少ないというデメリットがあるため、時間に余裕がないときは特急こうのとりを利用したほうがいいですね。

JR在来線と特急きのさきを組み合わせる方法もある

JR在来線と特急きのさきを組み合わせて、大阪駅から城崎温泉駅まで向かう方法もあります。

大阪駅(JR東海道本線)→京都(特急きのさき)→城崎温泉というルートになりますよ。

所要時間は約3時間5分かかるため、特急こうのとりや特急はまかぜよりは遅めですね。

料金は片道6,140円、往復だと12,280円になります。

JR在来線は安いけど時間がかかる

安さを重視するのであれば、すべてJR在来線で行くという方法もあります。

大阪駅(JR東海道本線 新快速)→京都駅(JR山陰本線 快速)→園部駅(JR山陰本線)→城崎温泉駅というルートだと、乗り換え2回で行けますよ。

片道3,410円、往復でも6,820円なので特急を使うよりもかなり安いです。

ただし、所要時間が約4時間5分かかってしまうので、時間に余裕がないときはおすすめできません。

大阪から城崎温泉まで安く行く方法

城崎温泉で宿泊するなら「JR・新幹線+宿泊プラン」がおすすめ

大阪から城崎温泉まで行って宿泊する場合は、日本旅行の「JR・新幹線+宿泊プラン」がおすすめです。

往復の電車代とホテルがセットになったプランなので、通常よりも交通費が安くなりますよ。

電車とホテルの予約が一度にできるので手間も省けます。

特急列車も指定席に座れるので、総合的に一番おすすめの行き方です!

日帰り城崎温泉・天橋立なら往復チケットが安くなる

日本旅行の日帰り城崎温泉・天橋立を利用すると、往復で8,100円になります。

片道4,050円という計算なので、通常よりも2,090円お得ですね。

しかも、現地で楽しめるスイーツクーポンやランチクーポンなどが選べます。

大阪から城崎温泉に日帰りで行くときは、ぜひチェックしてみてくださいね。

予約できる期間は、出発7日前の12:00までです。

WEB早特7・WEB早特14を利用する

特急こうのとりに乗車する場合は、WEB早特7やWEB早特14が利用できます。

WEB早特7は乗車日の7日前、WEB早特14は乗車日の14日前までに予約すると安くなる割引切符ですよ。

大阪〜城崎温泉の区間で、早特を利用した場合の価格例は以下の通り。

区間WEB早特7WEB早特14
おとな5,510円4,900円
こども2,750円2,440円
WEB早特7・WEB早特14を利用した場合の価格例

WEB早特7だと630円、WEB早特14だと1,240円お得になります。

こども料金も割引対象になるので親子で使えますね。

WEB早特7チケットレス特急券を使う

特急こうのとりを利用する場合は、乗車日の7日前までに予約すると安くなるWEB早特7チケットレス特急券が使えます。

乗車券は別途必要ですが、チケットレスなので切符を発券する手間が省けますよ。

WEB早特7チケットレス特急券を利用すると、片道の特急券が1,920円になります。通常よりも810円お得です。

チケットレス特急券・eチケットレス特急券を利用する

特急こうのとりや特急はまかぜで行く場合、e5489で販売しているチケットレス特急券やeチケットレス特急券が使えます。

チケットレス特急券は任意のクレジットカードを使えますが、eチケットレス特急券はJ-WESTカードを持っている場合のみ利用できますよ。

大阪〜城崎温泉まで、チケットレス特急券やeチケットレス特急券を利用した場合の価格例は以下の通り。

それぞれ指定席・グリーン車の料金をまとめています。

列車チケットレス特急券eチケットレス特急券
こうのとり2,530円2,090円
はまかぜ 2,530円2,090円
チケットレス特急券・eチケットレス特急券を利用したときの指定席の価格例(乗車券なし)
列車 チケットレス特急券eチケットレス特急券
こうのとり5,000円4,130円
チケットレス特急券・eチケットレス特急券を利用したときのグリーン車の価格例(乗車券なし)

乗車日の1ヶ月前から当日まで購入できるため、スケジュールに合わせて予約しやすいです。

eきっぷを使う

特急こうのとり・特急はまかぜ・特急きのさきを利用する場合、eきっぷが使えます。

J-WESTカード会員になっていると利用できるサービスで、指定席とグリーン車が割引対象になっていますよ。

eきっぷを利用すると指定席は5,610円、グリーン車は7,880円になります。それぞれ530円お得です。

おとなび会員はおとなびWEB早特が使える

特急こうのとり・特急はまかぜ・特急きのさきで行く場合、おとなび会員ならおとなびWEB早特が使えます。

おとなびWEB早特を利用すると、片道4,900円で行けますよ。
乗車券込みの値段なので、通常よりも1,240円お得です。

利用したい場合は、乗車日の7日前までに予約しましょう。

JR西日本の株主優待を使うと5割引になる

特急こうのとり・特急はまかぜ・特急きのさきを利用する場合、JR西日本の株主優待券が使えます。

株主優待券1枚で運賃と特急料金が5割引になりますよ。

ただし、1回につき2枚同時に使うことはできません。

学割を使うと2割引にできる

片道の営業キロが101キロ以上という条件を満たしている場合、学生なら学割が使えます。

学割を使うことで、乗車券の料金が2割引になりますよ。

特急だと690円安くなるのでお得です。

青春18きっぷも使える

JR在来線を使って大阪から城崎温泉まで移動する場合は、青春18きっぷが使えます。

5回分1セットが12,050円で販売されているため、1日あたり2,410円になりますよ。

片道3,410円のところ2,410円で行けるため、1,000円お得です。

青春18きっぷは発売期間と利用期間が限られているので注意しましょう。

特急こうのとり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次