快速マリンライナーのネット予約方法・指定席切符の買い方と料金を紹介

岡山駅から高松駅までの移動などで、快速マリンライナーを使うときに確実に座れたらいいなという場合は指定席を使うと思います。

ほとんどが自由席の快速マリンライナーですが、指定席の車両もあります!

指定席を使うときに料金がどれぐらいかかるかや、指定席切符の買い方がわからないかと思うので、このページでまとめて紹介していきますね。

目次

マリンライナーの指定席料金はいくらかかる?

岡山駅を起点にしたマリンライナーの指定席料金を以下でまとめました。

乗車券指定席
早島駅240円530円
茶屋町駅240円530円
児島駅510円530円
坂出駅1,210円530円
高松駅1,660円530円
岡山駅からのマリンライナー指定席料金例(2023年12月時点)

確実に座れるため、乗車券とは別に指定席料金がかかります。

指定席料金は区間に限らず一律で530円です。

ネット予約だと指定席料金が安くなる

e5489からネット予約で指定席を予約すると料金が安くなってお得です。チケットレス・紙のきっぷともに同じ値段ですね。

  • おとな:330円
  • こども:160円

J-WESTカードを使って予約すると、おとな210円・こども100円まで指定席料金が安くなりますよ。

これぐらいの金額を追加で出せばマリンライナーの指定席に座れるなら、一度試してみたくなりますね!

マリンライナーの指定席きっぷの買い方・予約方法

快速マリンライナーの指定席きっぷを買うときは、駅にあるみどりの券売機かみどりの窓口を利用しましょう。

個人的にはあまり並ばずに買えるみどりの券売機のほうがおすすめです。

e5489でのネット予約方法

また、快速マリンライナーの指定席はJR西日本のインターネット予約サイト「e5489」でも予約できます。

実際の予約手順を紹介しますね。

STEP
ログイン後、新規予約に進む

e5489にログインしたあと、新規予約もボタンを押します。

快速マリンライナーの指定席を予約する方法
STEP
日時と発着駅を選択する

「駅名を入力」のタブを選んだあと、発着駅と日時を入力して検索しましょう。

快速マリンライナーの指定席を予約する方法
STEP
きっぷの種類を選択する

通常のきっぷ・eチケットレス特急券eきっぷのいずれかを選択します。

クレジットカードのJ-WESTカードが必須になりますが、もしあるならeチケットレス特急券がおすすめです。安くなりますからね。

それ以外の種類を選ぶと、予約後にみどりの券売機で特急券を発券する作業が必要になります。(eチケットレス特急券は発券作業が不要)

快速マリンライナーの指定席を予約する方法
STEP
人数・座席位置の選択

続いて、快速マリンライナーの指定席を利用する人数と座席指定を行います。

快速マリンライナーの指定席を予約する方法

▼座席表から選んだ場合は、以下のような画面が開き、◯のある席から好きなところを選びます。

どれだけ空席があるか、予約状況も合わせて確認できるのがいいですね。

快速マリンライナーの指定席を予約する方法
STEP
購入確認・予約完了

座席位置も指定できれば、あとは購入の確認画面になります。

支払い方法を選んで予約内容に問題がなければ、「購入する」ボタンを押せば快速マリンライナーの指定席が予約できますよ。

快速マリンライナーの指定席を予約する方法

快速マリンライナー指定席の乗り方

無事に快速マリンライナーの指定席が予約できれば、あとは予約した時間の電車に乗るだけです。

予約した号車と座席番号を目指して乗り込みましょう。

無事に座席に到着したら、あとは目的地までゆっくり過ごしましょう。

ちなみに快速マリンライナーの指定席は1号車にあります。

青春18きっぷを使う場合の対処方法

青春18きっぷを使って移動しているけど、快速マリンライナーの指定席を使いたい場合もあるかと思います。

その場合は、指定席のきっぷだけ別途購入すればOKです。

乗車券は青春18きっぷで代用できますので、最小限の出費で快速マリンライナーの指定席に乗れますよ。

快速マリンライナー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車を使って出かけるのが好きです。飛行機も使うようになりましたが、電車や新幹線に乗って景色を見ながら移動する旅行が楽しいですね!
日本各地の電車に乗った経験を記事にしていきます。

目次