新快速でSuicaやICOCAなどの交通系ICカードは使えるの?

JR西日本の新快速に乗ろうと思ったときに、普段使っているSuica・PASMO・ICOCAといった交通系ICカードが使えるかどうか気になるかと思います。

このページでは、新快速での交通系ICカード事情を紹介しますね。

目次

新快速のすべての停車駅で交通系ICカードが使える

JR西日本の新快速にSuicaで乗車した記録

新快速では、すべての停車駅で交通系ICカードが使えます。

SuicaやICOCAなどを普段から使っているのであれば、そのまま改札にタッチして乗れば大丈夫ですよ。

私も普段、新快速を利用するときは何も考えずにモバイルSuicaを改札にタッチして乗車しています。

新快速に乗車するときに使える主要な交通系ICカードは以下の通りです。

  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

Suica・PASMO・ICOCAはそれぞれモバイルサービスもありますが、新快速でも問題なく使えます。

PiTaPaポストペイにも対応

関西エリアでは、ICOCAだけでなくPiTaPaもあります。

PiTaPaは主要な交通系ICカードの中で唯一ポストペイに対応していて、利用料金を紐づけたクレジットカードから引き落とす形です。

ポストペイに対応している区間は「近江塩津駅〜播州赤穂駅」です。

相生駅よりも西(有年駅・上郡駅)、近江塩津駅よりも北(新疋田駅・敦賀駅)はPiTaPaのポストペイに対応していません。

これらの駅の間の区間だけで利用するならPiTaPaを使えばチャージ不要になって手間が省けますね。

新快速Aシート利用時でも交通系ICカードが使える

ごく一部の新快速には指定席の「Aシート」が設定されています。

Aシートに乗るときも指定席券を別に購入して、改札を通るときに交通系ICカードをタッチすれば問題なく乗れますよ。

JR西日本の新快速にSuicaで乗車した記録

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車を使って出かけるのが好きです。飛行機も使うようになりましたが、電車や新幹線に乗って景色を見ながら移動する旅行が楽しいですね!
日本各地の電車に乗った経験を記事にしていきます。

目次