JR乗車券で途中下車して日をまたぐことはできるの?体験談を紹介

片道101km以上の区間でJRの乗車券を買うと、乗車券に書かれている区間であれば途中下車できます。

また有効期限が乗車券を改札に通した日ではなく、翌日以降になっているので、日をまたいで使えるのではと考えますよね。

目次

乗車券は日をまたいで使えます

乗車券は有効期限内であれば、日をまたいで使えます。
記載されている乗車券の区間内であれば、何度でも途中下車しながら目的地に向かえるのが大きなメリットです。

▼以下の写真は途中下車しながら日をまたいで使った乗車券ですが、いろんな駅のスタンプや印字がありますね。

乗車券で途中下車して日をまたぐ

途中下車のルール

JR乗車券の途中下車の主なルールをまとめました。

  • 有効期限内であること
  • 購入した乗車券の区間内であること
  • 後戻り(逆行)の途中下車はできない

有効期限内で乗車券の区間内であることが条件ですね。また途中下車したあとに逆行することはできません。

例えば新大阪駅から東京駅までの乗車券を買って、名古屋駅で途中下車したあとに京都駅に移動して途中下車はできないです。その場合は別途乗車券を買わないといけません。

乗車券を途中下車で日をまたぐと各地を回れて楽しい

何度も途中下車した乗車券

私自身、過去に何度も乗車券を使って途中下車していました。

途中下車することで、その場所ならではの楽しみ方ができます。各地の美味しいものを食べたり、各地の知り合いや友人と会ったりといったことをしていました。

もちろん途中下車して日をまたぐこともできるので、駅の近くで宿泊しながら目的地に向かうこともありました。

電車での移動が苦にならないのであれば、途中下車して日をまたぐ旅というのも楽しいですよ。

私は関西に住んでいるので、東京方面に向かうときに名古屋や静岡あたりで途中下車するといった使い方が多いです。

九州方面に向かうときは岡山駅や広島駅で途中下車することもありました。

岡山駅できびだんごやむらすずめを買ったり、広島駅ではお好み焼きを食べたりしながら目的に向かっています。

ほんと楽しいので、ぜひ長距離区間の乗車券を買ったら途中下車で日をまたぎながら旅行してみましょう。

東京都区内から神戸市内へのJR切符

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車を使って出かけるのが好きです。飛行機も使うようになりましたが、電車や新幹線に乗って景色を見ながら移動する旅行が楽しいですね!
日本各地の電車に乗った経験を記事にしていきます。

目次