上野東京ラインと湘南新宿ラインの違いや特徴まとめ

上野東京ラインと湘南新宿ラインは路線名が似ているので、利用するときに迷うこともあるのではないでしょうか。

間違えて乗車しないためにも、2つの違いを知っておくと便利です。

このページでは、上野東京ラインと湘南新宿ラインの違いや特徴についてまとめてみました。

目次

上野東京ラインと湘南新宿ラインの違いを比較

上野東京ラインと湘南新宿ラインの違いを比較してみました。

特徴上野東京ライン湘南新宿ライン
横浜〜大宮の所要時間約58分約65分
車両E231系・E233系E231系・E233系
トイレ
グリーン車
上野東京ラインと湘南新宿ラインの違い一覧表

実は使われている車両が同じなので、見分けづらい部分があります。

横浜〜大宮間の所要時間は、上野東京ラインのほうが短めなので早く着きたいときに利用しやすいです。

どちらもトイレ・グリーン車の設置があります。

長距離区間を移動するなら、座れる確率が高くなるグリーン車を使うのもおすすめです。

上野東京ラインの特徴

上野東京ラインは、東京駅・上野駅を経由して高崎線・宇都宮線・常磐線と東海道線を直通運転する列車です。

宇都宮線・高崎線〜東海道線の系統と、常磐線〜品川駅の系統に分かれています。

上野東京ラインの見分け方

上野東京ラインと湘南新宿ラインの車両は同じなので、見た目では判断しにくいです。

そんなときは車両の行先表示をチェックしてみましょう。

車両の行先表示に「東京経由・上野経由」と表示されている列車は、上野東京ラインです。

運転本数は湘南新宿ラインよりも多めになっています。

湘南新宿ラインの特徴

湘南新宿ラインは、池袋駅・新宿駅・渋谷駅を経由して高崎線・宇都宮線と東海道本線・横須賀線を直通運転する列車です。

宇都宮線〜横須賀線を直通する系統と、高崎線〜東海道線を直通する系統に分かれていますよ。

上野東京ラインのように、東海道線と宇都宮線を直通する系統はありません。

湘南新宿ラインの見分け方

車両の行先表示に「新宿経由」と表示されている列車は、湘南新宿ラインです。

運転本数は上野東京ラインよりも少なめになっています。

横浜・大宮方面からJRで池袋駅・新宿駅・渋谷駅に行くときは湘南新宿ラインが便利です。

湘南新宿ライン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次