上野東京ラインの停車駅一覧 特別快速や快速など行き先ごとの停車駅まとめ

上野東京ラインは上野駅と東京駅を直結し、宇都宮駅・高崎駅・新前橋駅・前橋駅から沼津駅・伊東駅といった駅までを結ぶ路線です。

高萩駅から品川駅までを結ぶ路線も上野東京ラインと呼ばれています。

このページでは、上野東京ラインの停車駅がどこなのか、快速や普通ごとの停車駅をまとめました。

目次

上野東京ラインの路線図 どこからどこまで走っているのか

「上野東京ライン」自体は宇都宮線・高崎線列車の終点だった上野駅と東海道線列車の終点だった東京駅とのあいだをつなぐことによって生まれた路線です。

上野東京ラインを通る列車は以下の路線図の区間を走っています。

上野東京ライン路線図
上野東京ライン路線図

「上野東京ライン」には大きく3つの系統があり、以下のとおりとなっています。

路線名区間行き先
両毛線・上越線・高崎線−(上野東京ライン)−東海道線・伊東線前橋−大宮−上野−東京−熱海・沼津・伊東前橋・高崎・籠原・上野・東京・品川・大船・平塚・国府津・小田原・熱海・沼津・伊東
宇都宮線−(上野東京ライン)−東海道線・伊東線宇都宮−大宮−上野−東京−熱海・沼津・伊東宇都宮・小金井・古河・大宮・上野・東京・品川・大船・平塚・国府津・小田原・熱海・沼津・伊東
常磐線・成田線−(上野東京ライン)高萩・成田−上野−品川高萩・勝田・水戸・土浦・取手・上野・品川
東海道線から来た上野東京ライン宇都宮線直通の宇都宮行き
東海道線から来た上野東京ライン宇都宮線直通の宇都宮行き

高崎線・宇都宮線は東海道線と相互に直通運転する一方で、常磐線・成田線は品川駅までの乗り入れとなります。

上野東京ラインに乗り入れる常磐線からの普通列車
上野東京ラインに乗り入れる常磐線からの普通列車
上野東京ラインに乗り入れる常磐線快速・成田線の列車
上野東京ラインに乗り入れる常磐線快速・成田線の列車
上野東京ラインには常磐線の特急「ひたち」「ときわ」も品川駅まで乗り入れる
上野東京ラインには常磐線の特急「ひたち」「ときわ」も品川駅まで乗り入れる

また常磐線の特急「ひたち」と「ときわ」はすべて品川駅発着となっており、「ひたち」はいわき・仙台まで、「ときわ」は土浦・勝田・高萩まで運行されています。

特急を除く「上野東京ライン」の停車駅

「上野東京ライン」の高崎線・宇都宮線系統は、朝と夕方高崎線内で「快速アーバン」になる列車が数本、同じく朝と夕方宇都宮線内で「快速ラピッド」になる列車が数本がある以外は、すべて「普通」列車のみとなっています。

また常磐線・成田線系統には「特別快速」と取手−上野間「快速」となる「普通」がありますが、「特別快速」「快速」ともに通過駅があるのは常磐線内のみで、「上野東京ライン」区間での通過駅はありません。

両毛線・上越線・高崎線

停車駅快速アーバン普通
前橋
新前橋
井野
高崎問屋町
高崎
倉賀野
新町
神保原
本庄
岡部
深谷
籠原
熊谷
行田(通過)
吹上(通過)
北鴻巣(通過)
鴻巣
北本(通過)
桶川
北上尾(通過)
上尾
宮原(通過)
大宮
↓宇都宮線(東北本線)上野・東京方面

宇都宮線

停車駅快速ラピッド普通
宇都宮
雀宮
石橋
自治医大
小金井
小山
間々田(通過)
野木(通過)
古河
栗橋(通過)
東鷲宮(通過)
久喜
新白岡(通過)
白岡(通過)
蓮田
東大宮
土呂(通過)
→高崎線熊谷・高崎方面
大宮
さいたま新都心(通過)
浦和
赤羽
尾久(通過)
上野
東京
↓東海道線横浜・熱海方面

常磐線

停車駅特別快速普通(取手−品川間快速)
高萩
十王
小木津
日立
常陸多賀
大甕
東海
佐和
勝田
水戸
赤塚
内原
友部
岩間
羽鳥
石岡
高浜
神立
土浦
荒川沖
ひたち野うしく
牛久
龍ケ崎市
藤代
取手
天王台(通過)
我孫子(通過)
松戸
北千住
南千住(通過)
三河島(通過)
日暮里
↓上野東京ライン東京・品川方面

成田線

停車駅普通
成田
下総松崎
安食
小林
木下
布佐
新木
湖北
東我孫子
我孫子
↓常磐線松戸・上野方面・上野東京ライン東京・品川方面

東海道線

停車駅普通
↑上野東京ライン上野・大宮方面
東京
新橋
品川
川崎
横浜
戸塚
大船
藤沢
辻堂
茅ケ崎
平塚
大磯
二宮
国府津
鴨宮
小田原
早川
根府川
真鶴
湯河原
熱海
伊東線伊東方面→
函南
三島
沼津

伊東線

停車駅普通
↑東海道線東京・横浜方面
熱海
来宮
伊豆多賀
網代
宇佐美
伊東
上野東京ライン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。小学生のときにゆうちょの定額貯金の存在に気づいたわりには、その後お金の使い方に苦労。今はさまざまなクレジットカードや予約サービスを活用し、移動費の節約や料金をかけずにゆったり移動する「豊かな移動」を志向。2023年からは「移働家」として家なし生活してます。

目次