スマートEXは本人以外の利用方法はどうする?チケットレスで使えるかも紹介

スマートEXを利用する際、会員になっている本人以外でも使えるのか気になるのではないでしょうか。

また、チケットレスで利用できるかも知っておきたいところです。

このページでは、スマートEXを本人以外が使えるのかやチケットレス利用できるのかについてまとめてみました。

目次

スマートEXは本人以外でも利用できる

結論からいうと、スマートEXは会員になっている本人以外でも利用可能です。

本人以外でも利用可能なので、バレても問題ありません。

家族や友人など、同行者の分もスマートEXで予約できますよ。

ただし、予約できるのはスマートEXの会員本人のみです。

スマートEXのきっぷを発券する方法

e5489で乗車券のみの受け取り方法

スマートEXで予約したきっぷは、東海道・山陽・九州新幹線各駅の指定席券売機や受取専用機などで発券できます。
「EXサービス」という表示が目印になりますよ。

発券するときは、受け取りコードとスマートEXのログインパスワードが必要です。

きっぷを発券するときの流れは以下の通り。

  • 券売機や受取専用機で「きっぷ受取」を選ぶ
  • 「受取コードで受け取り」を選択する
  • 「受取コード(QRコード)」を読み取る
  • スマートEXのログインパスワードを入力して「確定」を選ぶ
  • 受け取るきっぷを選択する
  • 「発券」を選ぶ

画面の案内に従って、スマートEXの会員本人がきっぷを発券しましょう。

発券後は、同行者にきっぷを渡して改札を通れば乗車できます。

JR東海・JR西日本・JR九州の主要駅の窓口でもきっぷ受け取りが可能です。窓口では受取コード(QRコード)は使えないため、受取コード(16桁の英数字)を提示しましょう。

本人以外もチケットレス乗車できる

スマートEXで予約した後に、利用者全員の交通系ICカードを指定すると会員以外もチケットレス乗車ができます。

全員分のICカードがない場合はチケットレス乗車ができないので、きっぷを発券して利用してくださいね。

スマートEXの会員本人以外が1名で乗車する場合も、交通系ICカードを指定しておけばチケットレス乗車できます。

スマートEXで交通系ICカードを指定する方法

スマートEXでは、Suicaなどの交通系ICカードを登録することでチケットレス乗車ができます。

交通系ICカードを登録するときの流れは以下の通り。

  • スマートEXの予約確認画面から「乗車用ICカードを指定」を選ぶ
  • 「新しいカードを登録」でICカードの番号を入力
  • メール送信ボタンを押してワンタイムパスワードを入力

紐付けしたICカードの番号が画面に表示されていれば登録完了になります。

モバイルSuicaやモバイルPASMOも利用可能ですよ。

あとは、登録した交通系ICカードを自動改札機にかざすだけでチケットレス乗車ができます。

本人以外がスマートEXを利用する場合は、会員本人が利用者の予約とICカードの紐付けを行う形になります。ICカードの指定は同行者の分だけ必要です。

スマートEXを本人以外が利用するときの注意点

きっぷの受け取りは会員本人が行う

スマートEXで購入したきっぷを受け取る際は、スマートEXのログインパスワードが必要です。

不正使用を防ぐためにも、必ず会員本人がきっぷを受け取るようにしましょう。

会員本人のクレジットカードで決済される

予約した新幹線代は、スマートEXに登録したクレジットカードで決済されます。

本人以外が利用する場合でも、支払いはスマートEXに登録している会員のクレジットカードで行われるので注意しましょう。

また、クレジットカードで本人認証サービス(3Dセキュア)の利用設定をしていない場合はスマートEXが利用できないこともあるので気をつけてくださいね。

予約変更も会員本人が行う

スマートEXでは、列車の出発時刻前であれば何度でも予約変更できます。

予約を変更するときは、スマートEXの会員本人に行ってもらいましょう。

交通系ICカードでの改札入場後またはきっぷ受け取り後は会員本人でも予約変更できないため、駅員さんに相談してくださいね。

交通系ICカードでの改札入場前またはきっぷ受け取り前であれば、手数料無料で予約変更できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次