東北新幹線の自由席の料金・きっぷの買い方やネット予約のやり方を紹介

東北新幹線には、自由席に座れる列車もあります。

自由席を選ぶことで、指定席よりも安い値段で東北新幹線を利用することができますよ。

このページでは、東北新幹線の自由席の料金や切符の買い方についてまとめてみました。

目次

東北新幹線の自由席の料金

東京駅を起点にした東北新幹線の自由席の料金を一覧にしてみました。

乗車券特急券合計
上野170円880円1,050円
大宮580円1,090円1,670円
小山1,520円2,080円3,600円
宇都宮1,980円2,510円4,490円
那須塩原2,640円2,850円5,490円
新白河3,410円2,850円6,260円
郡山4,070円3,740円7,810円
福島4,840円3,740円8,580円
白石蔵王5,500円4,510円10,010円
仙台6,050円4,510円10,560円
古川6,600円4,510円11,110円
くりこま高原6,930円5,050円11,980円
一ノ関7,480円5,050円12,530円
水沢江刺7,700円5,050円12,750円
北上8,030円5,050円13,080円
新花巻8,030円5,050円13,080円
盛岡8,580円5,380円13,960円
東京駅を起点とした東北新幹線の自由席料金例(2024年1月時点)

東北新幹線で自由席があるのは「やまびこ」と「なすの」です。

どちらの列車に乗っても自由席料金は同じですよ。

はやぶさ・はやて・こまち・つばさは全車指定席なので自由席はありません。

混雑状況を確認する方法

自由席は予約できないので、自分で席を取る必要があります。

新幹線の混雑状況によっては、座れないこともあるので気をつけましょう。

特に、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始は混みやすくなっています。

繁忙期はJRサイバーステーションえきねっとで指定席の空席状況を確認して、自由席の混み具合を予測してみるのもいいですね。

混雑状況をリアルタイムで知りたいときは、駅員さんに聞いたり、X(旧:Twitter)をチェックしてみましょう。

自由席は何号車にある?

東北新幹線の自由席がどこにあるのかまとめてみました。

列車自由席がある号車
やまびこ1号車〜5号車
なすの1号車〜8号車

列車によっては自由席がある号車が異なることもあるので、事前に確認しておくと安心です。

東北新幹線の自由席切符の買い方・予約方法

東北新幹線の自由席きっぷは、みどりの券売機やみどりの窓口で買えます。

みどりの窓口は混んでいることが多いので、みどりの券売機のほうが利用しやすいですよ。

みどりの券売機で購入する

みどりの券売機で自由席きっぷを買うときは、「自由席」ボタンを押します。

あとは、乗車駅・降車駅・乗車日・利用人数など画面の案内に従って選んでいきますよ。

現金またはクレジットカードで支払うと、自由席のきっぷが出てきます。

みどりの窓口で買う

みどりの窓口で自由席きっぷを買うときは、以下のようなことを伝えるとスムーズです。

  • 自由席きっぷが欲しいということ
  • 乗車する区間
  • 乗車する日時
  • 利用人数
  • 片道券or往復券

駅員さんが条件に合ったものを検索して、切符を発券してくれます。

えきねっとでネット予約する

JR東日本のインターネット予約サイト「えきねっと」で東北新幹線の自由席を予約することができます。

予約手順は以下の通り。

  • 乗降駅・日時・人数を入力して「列車を検索する」ボタンを押す
  • 希望する経路内の「きっぷ・座席の種類選択へ進む」ボタンを押す
  • きっぷの種類を選ぶ(新幹線eチケットor紙のきっぷ)
  • 「自由席」を選ぶ
  • 「乗車券を申し込む」を選ぶ
  • 申し込み内容を確認する
  • 支払い方法を選び、「この内容で確定」ボタンを押す
  • 申し込み完了

紙のきっぷを申し込んだ場合は、乗車前に券売機やみどりの窓口で受け取る流れになります。

ひと手間増えてしまうので、個人的にはチケットレス乗車できる新幹線eチケットがおすすめですよ。

Suicaなどの交通系ICカードを改札機にタッチするだけで乗車できます。

自由席から指定席への変更も可能

東北新幹線の切符を自由席から指定席へ変更することもできます。

希望する列車の指定席が空いていれば、自由席と指定席の差額を出すことで指定席きっぷに変えられますよ。

切符を変更したい場合は、みどりの窓口で相談してみてくださいね。

ただし、指定席にした切符を自由席に戻すことはできないので注意しましょう。

東北新幹線の自由席の乗り方

東北新幹線の自由席きっぷを購入できたら、あとは希望する列車に乗るだけです。

自由席きっぷは、同じ日ならどの時間帯の列車に乗ってもOKなので自分の好きなタイミングで利用できますよ。

もし自由席きっぷの日付や乗車区間を変えたい場合は、1回だけ手数料なしで変更可能です。

払い戻しする場合は、手数料として220円かかります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次