東北新幹線でSuica・PASMO・ICOCAなどの交通系ICカードは使えるの?東海道新幹線に乗り換え時の対処方法も紹介

東北新幹線に乗る場合、普段使っているSuicaやICOCAなどの交通系ICカードが使えるかどうか気になるかと思います。

このページでは、東北新幹線で交通系ICカードが使えるかどうかについてまとめてみました。

目次

東北新幹線すべての停車駅で交通系ICカードが使える

東北新幹線では、すべての停車駅で交通系ICカードが使えます。

自動改札機にSuicaやICOCAなどをタッチすれば、チケットレスで東北新幹線に乗れるので便利ですよ。

使いたい交通系ICカードがある場合は、事前に登録を済ませておきましょう。

自由席のときはタッチでGo!新幹線が使える

東北新幹線の自由席に乗る場合は、タッチでGo!新幹線が便利です。

あらかじめ交通系ICカードを利用登録しておくと、自動改札機にSuicaやICOCAをタッチするだけで東北新幹線の自由席に乗れますよ。

東北新幹線でタッチでGo!新幹線に対応している区間は以下の通り。

  • 東京~盛岡間
  • 盛岡~新青森間

SuicaやモバイルSuicaを利用すると、JRE POINTも貯まるのでお得です。

ただし、オートチャージには対応していないので、事前にチャージしておきましょう。

新幹線eチケットサービスで指定席やグリーン車も利用できる

交通系ICカードを使って東北新幹線の指定席やグリーン車に乗りたい場合は、えきねっとの新幹線eチケットサービスがおすすめです。

新幹線eチケットに紐付けた交通系ICカードやモバイルSuicaを自動改札機にタッチするだけで、東北新幹線に乗車・下車できますよ。

えきねっとトクだ値やお先にトクだ値スペシャルを利用すれば、5〜50%割引になるのでお得です。

乗車人数分の交通系ICカードを紐付けておくと、一度に最大6人まで予約できます。

東北新幹線で使える交通系ICカード

東北新幹線に乗るときに使える交通系ICカードは以下の通り。

  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

主要な交通系ICカードはひと通り使えますね。

モバイルSuica・モバイルPASMO・モバイルICOCAにも対応していますよ。

また、PiTaPaは事前にチャージが必要です。
関西のようにチャージなしで後払いにする乗り方はできないので気をつけましょう。

東京駅で東北新幹線から東海道新幹線へ乗り換えるときにSuicaは使える?

東北新幹線で東京駅まで移動すると、大阪や名古屋方面に向かう東海道新幹線に乗り換えできます。

東京駅で乗り換えするときですが、乗り換え用の改札はSuicaで通れません。

一度東北新幹線の改札を出て在来線の改札内に入ったあと、東海道新幹線の改札をSuicaなどの交通系ICカードで通るようにしましょう。

東海道新幹線の改札を交通系ICカードで通るためには、エクスプレス予約・スマートEXで東海道新幹線の予約をしておく必要があります。

新幹線の乗り換えがあるときは紙の切符がおすすめ

一応、東京駅で東北新幹線から東海道新幹線に乗り換えるときもSuicaなどの交通系ICカードだけで通すことはできますが、おすすめはしません。

理由は東京駅で一旦下車する扱いになり、東京駅までの乗車券・東京駅から目的地までの料金分だけ高くなってしまうためです。

紙の切符で乗車駅から下車駅までの乗車券を買い、東北新幹線は乗車駅から東京駅までの特急券・東海道新幹線は東京駅から目的地までの特急券の3枚を買うようにすれば余計なお金を使わずに済みますよ。

東北新幹線はやぶさ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次