新幹線ひかりのコンセント位置はどこ?コンセントがない座席も紹介

東海道新幹線や山陽新幹線のひかり号に乗るとき、コンセントが付いているかどうか気になるところだと思います。

長距離の移動中に充電させて安心しておきたいですよね。

このページでは、ひかり号でコンセントのある車両がどこなのかを紹介します。

目次

ひかり号でコンセントが使える車両

新幹線ひかりでは、N700S・N700系・N700Aの車両にコンセントがあります。

ここからは、車両ごとにコンセントのある座席を紹介していきますね。

N700Sは全席にコンセントがある

N700Sのひかり号には、全席にコンセントがついています。

自由席・指定席・グリーン車のすべての座席にコンセントがあるので、どの席を選んでも充電ができて便利です。

N700系・N700Aは窓側席やグリーン車にコンセントがある

新幹線ひかりのコンセント

N700系・N700Aのひかり号は、コンセントのある席が決まっています。

コンセントがついている座席は以下の通り。

車両コンセントのある座席
普通車最前列席
最後列席
窓側席(A席・E席)
グリーン車全席

自由席や指定席の場合は、最前列席・最後列席・窓側席にコンセントがついています。
通路側にはコンセントがありません。

グリーン車は全席にコンセントがあるので安心です。

普通車のB席・C席・D席にはコンセントがないと覚えておきましょう。

ひかりレールスターのコンセントはどこ?

700系のひかりレールスターにも、ごく一部の座席でコンセントがあります。

5〜8号車の最前列と最後尾の座席にコンセントがありますよ。ただ、最後尾の座席だと座席の後ろなので使いにくいです。

ひかりレールスターだと、他の座席にはコンセントがないです。

座席のどこにコンセントがある?

座席のどこにコンセントがあるのかも気になるところですよね。

コンセントがある場所はそれぞれ以下の通り。

座席コンセントのある位置
最前列席壁側のテーブル横
最後列席シートの後ろ側
窓側席窓側の足元
グリーン車座席間にあるひじ掛け下部分

USB充電には対応していません

多くのひかり号の座席にコンセントはありますが、USBポートは一切ありません。

USB充電はできないので注意してくださいね。

スマホやパソコンなどを充電したい場合は、USBケーブルだけでなくUSB充電機も用意しましょう。

モバイルバッテリーがあるとより便利ですね。私も旅行でひかり号に乗るときはモバイルバッテリーを持参してUSB充電しています。

洗面台にコンセントがついている車両も

新幹線ひかりの洗面台

新幹線ひかりの洗面台にはコンセントがついている車両もあります。

ただ、洗面台のコンセントを独占して充電に使うのはマナー的によくないのでおすすめはしません。

新幹線ひかりのコンセント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車を使って出かけるのが好きです。飛行機も使うようになりましたが、電車や新幹線に乗って景色を見ながら移動する旅行が楽しいですね!
日本各地の電車に乗った経験を記事にしていきます。

目次