日本旅行で予約した新幹線のプランに乗り遅れたらどうする?救済策や払い戻しできるかも紹介

日本旅行で新幹線のプランを利用する場合、予約した列車に乗り遅れたらどうなるのか気になるのではないでしょうか。

救済策があるのかや、払い戻しができるのかも気になるところです。

このページでは、日本旅行で予約した新幹線のプランに乗り遅れたときにどうするかや救済策についてまとめてみました。

目次

日本旅行で予約した新幹線のプランに乗り遅れたらどうする?

日本旅行では、赤い風船・WEBコレクション・JRコレクションなどいろいろなプランが用意されています。

予約した新幹線に乗り遅れた場合の取り扱いは、プランによって異なりますよ。

列車限定プランは原則として予約した列車以外に乗車不可

列車限定のプランは、基本的に予約した列車以外には乗車できません。

乗り遅れた場合は、乗車券と特急券を別途購入する必要があります。

乗車票券面に「指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要です」と記載されている場合は、予約した列車以外には乗れないと思ったほうがいいですね。

限定のぞみ・のぞみスペシャル・お得な列車限定・席数限定などが列車限定のプランに含まれます。

プランによっては後続列車の自由席に乗車することができる

列車限定プラン以外の新幹線に乗り遅れた場合は、その日のうちに発車する同等以下の後続列車の自由席に乗車することができます

例えば東海道・山陽新幹線の場合、同等以下の列車は下記のようになりますよ。

指定列車乗車できる同等以下の列車
のぞみのぞみ、ひかり、こだま
ひかりひかり、こだま
こだまこだま

「指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要」と記載されていない乗車票には、乗り遅れた場合の救済策があると思っていいですね。

ただし、指定席と自由席の差額の払い戻しはできません。

また、自由席であっても指定列車よりも前の列車には乗車できないので注意しましょう。

バリ得こだまは予約した列車にしか乗車できない

バリ得こだまは、予約した列車にしか乗車できません。

もし乗り遅れてしまった場合は、新たに切符を買う必要があります。

後続列車の自由席にも乗れないので気をつけましょう。

予約キャンセル時には取消料がかかる

日本旅行で予約した新幹線プランをキャンセルする際、場合によっては取消料がかかります。

宿泊付きプランは旅行開始日の前日から起算して20日前、日帰りプランは10日前から取消料が発生しますよ。

キャンセル日ごとの取消料をまとめてみました。

旅行契約の解除日取消料
旅行開始日の前日から起算して宿泊付きプラン日帰りプラン
①21日目にあたる日以前の解除無料無料
②20日目にあたる日以前の解除(③~⑦を除く)旅行代金の20%無料
③10日目にあたる日以前の解除(④〜⑦を除く)旅行代金の20%旅行代金の20%
④7日目にあたる日以前の解除(⑤〜⑦を除く)旅行代金の30%旅行代金の30%
⑤旅行開始の前日の解除旅行代金の40%旅行代金の40%
⑥旅行開始の当日の解除旅行代金の50%旅行代金の50%
⑦旅行開始後の解除または無連絡不参加旅行代金の100%旅行代金の100%
旅行契約の解除日ごとの取消料

列車に乗り遅れそうだからといって直前にキャンセルすると、取消料がかかってしまうので気をつけてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次