指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要?乗り遅れたときの対処法も紹介

日本旅行JTBなど旅行会社の新幹線プランを利用する際、「指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要です」という注意書きが記載されていることがあります。

もし指定列車に乗り遅れてしまった場合、本当に乗車券や特急券を買う必要があるのか気になるのではないでしょうか。

このページでは、列車限定のプランで指定列車以外に乗車することはできるのかどうかについてまとめてみました。

目次

列車限定のプランは指定列車以外に乗車することはできない

結論からいうと、列車限定のプランは指定列車以外に乗車することはできません。

乗車票券面に「指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要です」という表示がある場合は、指定列車以外には乗れないと思っておきましょう。

もし指定列車に乗り遅れてしまった場合は、別途乗車券と特急券の購入が必要になります。

指定列車より前の列車に乗車することもできない

指定列車に乗車するプランの場合、予約した列車より前の列車に乗ることもできません。

予定より早い時間の列車を利用したいときも、指定列車以外に乗車する場合は別途乗車券・特急券の購入が必要になります。

指定列車より前の列車に乗車したい場合は、予約を変更して利用しましょう。

ダイナミックレールパックやぷらっとこだまなどは予約後の変更ができないため、一回キャンセルしてから予約を取り直す形になります。

指定列車以外に乗車するとバレる?

指定列車以外に乗車しようと思っても、改札や車内検札でバレることがあります。

不正乗車にならないように、ルールを守って利用しましょう。

プランによっては同等以下の列車の自由席に乗車できる

「指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要です」と表記されていない場合、基本的には同等以下の後続列車の自由席に乗車できます。

乗車票券面に「乗り遅れ時、のぞみ・ひかり・こだまの自由席に限り乗車可」などの表記があれば、後続列車の自由席に乗れますよ。

同等以下の列車の扱いは以下の通り。

指定列車乗車できる同等以下の後続列車
のぞみのぞみ・ひかり・こだま自由席
ひかりひかり・こだま自由席
こだまこだま自由席
みずほ・さくら・つばめ・かもめみずほ・さくら・つばめ・かもめ自由席
はやぶさ・こまち・つばさはやぶさ・はやて・こまち・つばさ立席
やまびこ・なすの自由席
はやて・やまびこ・なすの はやて立席
やまびこ・なすの自由席
かがやきかがやき立席
はくたか自由席 
はくたかはくたか・あさま自由席 
とき・たにがわ・あさまはくたか・あさま・とき・たにがわ自由席
乗車できる同等以下の後続列車

ただし、後続列車に自由席がない場合は利用できません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車旅が好きです。新幹線の中で食べる駅弁はもっと好きです。よく使うのは北陸新幹線、推しは東北新幹線。

目次