関空特急はるかの指定席きっぷの料金や予約方法・実際に乗ってみた感想

関空特急はるかは、特急列車ということもあり指定席が設定されています。

慣れていないと料金の仕組みや予約のやり方が難しく感じるのではないでしょうか。

このページでは、関空特急はるかの指定席料金や、実際に乗ってみた感想や写真を紹介しますね。

目次

関空特急はるかの指定席料金はいくら?

早速、関空特急はるかの指定席料金を紹介しますね。
特急列車なので、乗車券と特急券の両方が必要です。

以下でJR関西空港駅から関空特急はるかの指定席に乗ったときの料金を一覧にしました。

スクロールできます
駅名乗車券料金指定席料金合計
日根野駅460円1,290円1,750円
和泉府中駅730円1,290円2,020円
天王寺駅1,080円1,290円2,370円
大阪駅1,210円1,730円2,940円
新大阪駅1,390円1,730円3,120円
高槻駅1,560円1,730円3,290円
京都駅1,910円1,730円3,640円
山科駅2,200円2,390円4,590円
大津駅2,200円2,390円4,590円
石山駅2,200円2,390円4,590円
南草津駅2,200円2,390円4,590円
草津駅2,530円2,390円4,920円
守山駅2,530円2,390円4,920円
野洲駅2,530円2,390円4,920円
JR関西空港駅から関空特急はるかの指定席料金

閑散期は-200円、繁忙期は+200円、最繁忙期は+400円になります。

関空特急はるかで移動するときに指定席を予約しておけば確実に座れるので、移動での疲れを最小限に留めることができます。

自由席料金よりは高くなりますが、予約さえできれば確実に座れる安心感を考えると指定席を選ぶのはいい選択肢ではないでしょうか。

料金を少しでも安くしたいのでれば、大阪駅に向かう場合は天王寺駅で大阪環状線に乗り換え、山科駅以降に向かう場合は京都駅で在来線に乗り換えると指定席料金を節約できますね。

関空特急はるかの指定席に予約する方法

関空特急はるかの指定席に乗りたいときは、予約するタイミングで指定席を指定しましょう。

どの方法で予約したとしても指定席の座席に空きがあれば予約可能ですよ。

指定席は複数の車両があるので、好きな号車番号と座席番号を指定できます。

詳しい予約方法は以下のページでまとめました。

▼私が実際に関空特急はるかの指定席に予約したときの記録がこちらです。

e5489で関空特急はるかに予約する方法

関空特急はるかの指定席に乗ってみました!

実際に関空特急はるかの指定席車両に乗る機会があったので、どんな感じだったのかを紹介しますね。

▼座席は2列+2列となっています。

関空特急はるか 指定席の座席

▼拡大するとこんな感じですね。

関空特急はるか 指定席の座席

グリーン車の座席よりは狭いのですが、実際に座ってみたら十分ゆったりとしていて、快適に過ごせました。

新型車両だとコンセントがついています

関空特急はるかの座席にコンセント

関空特急はるかの指定席は、271系の車両だとコンセントが全席についています。

私が今回乗った9号車は271系になっていて、座席の脇にコンセントの差込口がありました。

移動中にスマホの充電などに使えて便利ですね。

関空特急はるか 指定席の座席

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
電車旅に合わせてホテル予約しよう!

電車・新幹線を使うときは、宿泊も伴うのではないでしょうか?

合わせてホテルや温泉旅館なども予約しておくと、あとあとスムーズですよ!

この記事を書いた人

電車を使って出かけるのが好きです。飛行機も使うようになりましたが、電車や新幹線に乗って景色を見ながら移動する旅行が楽しいですね!
日本各地の電車に乗った経験を記事にしていきます。

目次